[隻狼]攻略予定項目[Sekiro: Shadows Die Twice]


いよいよ隻狼も発売します。
まずこのサイドで攻略の方向性を決めたいと思います。

ノマランドの攻略項目は
・各ボス完全分析攻略
・ステージの進み方+ストーリーゲーム
・技の設定と実用
の3方向を絞りたいと思います。
このページも後に纏めの目録として使用する予定です。
(まだ思案中ですが(-ω-;)ウーン)

発売日当日はゲームプレイを上がることは可能ですが、
そのほかは進捗を見計らって、
ブログとYoutubeを連動して記事と動画を上がります。
ぜひ見てみてねm(_ _"m)

フラグと背景を製作するshiaoshinにも感謝を(*ゝω・)ノ アリガ㌧♪


[LEFTALIVE]ボス戦攻略 Chapter12 ユリア救出戦 より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter12 ユリア救出戦


概要:
今回はこのゲームにおいてちょっと異色の一戦です。
なんと、敵陣地に攻め込むというw
増援はヴァンツァー一機です。生身で殺しましょう(# ゚Д゚)
ただ、敵のミサイル兵はどうやら瞬間移動ができそうで、
いつどこかで湧いてくるのが把握できません・・・
これはバグですよね(*´Д`)?

なお、一部の敵を誘い出すことは可能ですし、
実はセーフポイントに戻ることも可能ですw

また、今回紹介した攻略方法はかなり安全の代わりに、
攻略時間は長めです。

罠設置+下準備:
攻める戦ですが、一部の敵兵が誘えるなら、
利用しない手はない(*‘∀‘)
ビルの出口にワイヤーを設置しましょう。

そして、外の敵兵からガトリングとミサイルを奪って、
ここまで運んでほしいです(;´∀`)
最低ミサイル一艇が欲しいです
運ぶことが一番時間掛かることですが、より安全で確実に攻略できます。


戦開始後:
最初はまずミサイル一発を使用し、
陣地の入り口にある見張り兵とミサイル兵を倒します。
発煙瓶などで注意を引いて、一発で2名を倒しましょう。
運が良ければ他の敵兵も巻き込めるかも。
これにより、またミサイル一艇がふえました。
これらの重火器をいったん安全な場所に運びます

重火器を安置したら、次は誘い出し作戦です。
罠を張ったら、わざと敵に姿を見せて戦闘状態を誘発します。
そしてまたビルに戻って、カバーしつづ戦います。
完全に隠すのはだめです。
適当に姿をみせて、戦いましょう。
これによって、突撃担当の敵兵がビルの中に入ろうとし、
罠の餌食になります°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
罠の張り直しも忘れずに。
敵ヴァンツァーの増援がきたら、突撃兵も残り最後の一名なはず。
見切りが付いたら、ロッカーに身を隠し戦闘状態を解除しましょう。

戦闘状態が解除したら、まず陣地の左を掃討します。
結構手薄状態になりますので、ステルスしながらショットガンで処理します。
瞬間移動のミサイル兵もあるかもしらませんが、
見かけた次第倒します。

陣地の左半分をクリアしたら、また重火器運びです(;´∀`)
陣地左下のトラックで陣取りします。
ここなら攻撃しても、ヴァンツァーは反撃しません、
一方的な攻撃が始めます(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

まず、視認できる「歩兵」をたおします。
ヴァンツァーは攻撃しないですが、歩兵は来ます
まず射程外で確認できる歩兵をすべて倒します。
視認できる歩兵がなくなったら、ヴァンツァーの処理を
ただ、ヴァンツァー一機を倒すにはミサイル5発が必要です。
必ず5発以上を残すよう、心を配りましょう。

ヴァンツァーをたおしたら、あとは重火器を持って残党掃討です(*´σー`)エヘヘ
ここまで来たらもはや勝ちとも言えましょう。
まず射程外で視認できる歩兵をミサイルやガトリングて倒します。
終わったら、最後の生き残りをショットガンでステルスキル。
全員倒したらイベント突入です。オルガ編終了!


ルガの最終戦ですので、
初見の時はかなり絶望しましたね、あのヴァンツァーを見たら・・・
ただ、しかる準備と冷静な対処をすれば、
時間はかかりますがさほど難しくないです。
余裕があれば、アイテムをボックスに入れて他のキャラをサポートしましょう。
オルガはここで最後になりますので

[スーパーロボット大戦T]感想レビュー[SRWT]


スーパーロボット大戦の続作!
ということだけ尽きますね(;^ω^)
ただ、あまりにも伝統すぎますので、
感想記事の書き方に困っています・・・
もはやスパロボシリーズは、
風物詩と祭りとして見るべきと思いますな~
あまり変わらなさすぎますので、
優劣点の部分を大幅カットになりました(;'∀')
総合評価:★☆

目次:
・どんなゲーム
・優れた点
・不足点
・お勧めできる/できない人


どんなゲーム
伝統なSRPG
さほど複雑なものがなく、非常に伝統なSRPGです。
今の時代では逆に珍しいというw
ゲーム難易度もちょうどよく、
自分で難易度も選べますので、誰でも遊べる仕上がりになります。
UIも超伝統

伝統なSRW
う~ん、システム面も伝統的なスパロボですね(;^ω^)
とはいえ、スパロボも小進化は常にしていますが、
大きい変化がありませんでした。
今回もPS4時代のV,Xと同じベースのシステムで、
以前のイベント専用キャラを実用性を追加する形になります。
SRWシリーズに馴染みがあるプレイヤーならだれでもすぐ慣れます。
伝統あるグレートマジンガー!

伝統なロボットアニメの祭典
これも伝統、ま売りですね!
新旧ロボットアニメを交えて共演させ、夢のあるシリーズです。
ま~シナリオを置いといてw
祭典ですから、細かいものはいいの!
ストーリーなどは気にしません!(^O^)

優れた点
高質な伝統
基本のできはすべて仕上がっています!
安定で高質なので、安心してぷれいすることができます。
もうこれ以外ほぼ言うことがありません・・・

逆に、これを崩れば、スパロボでもなくなりますので、
そのままでいいということですね!
乳揺れも復活したらしい(いいこと?)
人を選べない
スパロボの伝統はもちろん、
システム自体も昔いのSRPGのままです。
誰でも簡単に馴染めますので、
SRPGが遊びたい人にとっても、一ついい選択になります。
余計な心配の必要がなく、気楽で遊べる一作であります。

〇少し意外な作品選び
今回の目玉ともいえるでしょう。
実は今回の作品の選びを見て、かなりセンスがあると思いました。
復活枠のGガンダム、勇者王やガンバスター
そしてまさか参戦の魔法騎士など。
システムの進化はほぼないものの、参戦作品で存在感をだしました。
シナリオは・・・ま、大目に見ておこう(;^ω^)


不足点
進化はあまりない
V,Xを経って、進化はあまりしていません。
安心感がある物の、多少の失望もあるのでしょう。
仕方ない面もあります・・・
この画面も少々見飽きたところですw

お勧めできる人
・SRWシリーズファン
・伝統的なSRPGが遊びたい
・気楽だプレイしたい

お勧めできない人
・SRPGやロボットには興味がない
・シリーズに飽きています。


化があまりないものの、
安定で高質な一作です。そして今回のセンスのいい作品選択もあり、
常にSRW祭りを参加しているプレイヤーなら、
見逃すべきではない一作ですね(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

[LEFTALIVE]ボス戦攻略 Chapter11 ヴォルク大暴れ より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter11 ヴォルク大暴れ


概要:
この戦も前後に分けております。
前半は戦車とヘリと歩兵だけですが、
ここで調子を乗って、虎の子のレールガンを浪費したら、
後半がかなりきつくなります(゜_゜>)
これも製作側の罠ですねきっと。

後半はヴァンツァー6機も倒さないといけません。
構成1+2+3という感じです。
予備のヴァンツァーも一機用意されております。
前半の温存具合で後半攻略の難易度も変わります。


下準備:
ヴァンツァーのガチンコバトルなので、
特に準備すべきものはありません。
ただ、やはり事前敵増援のタイミングと場所を知るべきです。
初見はわからなくても、必ず意識して注意しましょう。

また、前半戦の戦車ヘリ戦のところも、
レールガンを使わないで温存しましょう
レールガン2発当たるだけでヴァンツァー一機撃沈可能ですので、
かなり強力な武器です。
ただ、当てる範囲は思った以上はるかに細いので、しっかり狙いましょう。
(動画中、敵の股間を通過したというハプニング・・・)
弾数満タンであれば、後半戦もかなり楽になります。


戦開始後:
ヴォルクを乗ったら、すぐレールガンの発射態勢にしましょう。
敵は接近してきますので、姿を見せたら空かさずレールガンを撃ちます。
うまくいけば2発でたおせます。
一発ミスしても特に問題ありませんが、
2発もミスしたらやり直しをお勧めします(-_-;)

次は2機の増援が来ます
まず動かずレールガンの射撃体勢を維持し、狙撃機の落下場所を狙います。
落下したらすぐ撃破しましょう。

狙撃機を撃破したあと、乗り換えです
ヴォルクのダッシュで予備機のところまで移動して乗り換えます。
そしてダッシュコンボの接近戦で3機目を倒します。
3機目はショットガンをドロップしますので、
ライフルと交換します!
これでロッド+ショットガンの超火力になります。

このあと、さらに次の広場に出ないと増援が来ませんので、
少しヴァンツァーの整備を。
今乗ってるヴァンツァーの両手武器を解除し、
ヴォルクをまた乗り換えして、そして両手武器を拾います。
準備できたら次の広場に向かいます。

広場に接近し増援用ヘリを確認したら、
また路地に引き返す。そしてまたレールガンの射撃体勢に。
2機が接近してきますが、必ず一緒ではありません。
とりあえず敵影を確認したら、まずそれに撃ちます。
ミスもある程度大丈夫ですが、やはりせめて一機を倒したい。
残りの一機はもしレールガンの残弾がなかったら、
接近戦に代わりましょう。武器もしっかりもっていますので、
1VS1なら問題ないはず。

接近してくる2機をたおしたら、ヴォルクもそろそろ限界です。
ここでまた乗り換えます。武器も渡します。
最後の一機はガトリング狙撃型です。
ゲーム内では最大のDPSを誇ります(-_-;)
しかも路地内で待ち構えています、きわめて危険です。
そのため予備機の耐久力を温存しました。
これを倒すには、突っ込んでコンボを打ち込むしかありません。
距離さえ詰めればもう勝ちです。
ただ、その距離分の耐久力を温存する必要がありますがw

この最後の一機を倒したら戦闘終了です。
ヴァンツァーをおりてイベント地点へ向かいましょう。


ォルクのデビュー戦ですが、
格好いい外見に相応する強さがなく、
やっぱりセコイ戦い方で勝つほかありませんでしたw
レールガンの強さは本物ですが(∀`*ゞ)エヘヘ

[LEFTALIVE]ボス戦攻略 Chapter9ルスラン戦 より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter9ルスラン戦


概要:
やっと1VS1の本格ボス戦です( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
しかも、小細工ができない一戦です。
ルスランの特徴を理解し、正面から突破することしかありません。
プレイヤーの今までの戦闘スキルを問う一戦であります。

下準備:
罠の設置はできませんが、事前に幾つ用意したいものがあります。
まず、この一戦は基本遠距離射撃戦になりますので、
主力のショットガンはあまり向いていません
できればアサルトライフルが欲しいです。
なければハンドガンで頑張りましょう。

また、ルスランはサイボーグですので、
EMPは効きます
自分は使用していないが、
つらいと思えばそれを使用するのも手です。


戦開始後:
ルスランは開戦後すぐ必ずドローン一台を放します、
プレイヤーもこれを真っ先に壊しましょう

次はルスランの動きに応じて、
カバーしつづ距離を取りましょう。
一定の距離を離れれば、ドローンがこっちに反応しなくなり
実質ドローンを無効化でも言えるでしょう。

次に注意すべきのはグレネードです。
ルスランのモーションが速く、確認しにくい上で、
時にグレネードマークも出てこなくなる時もあります
結構厄介です。確認したらすぐ移動して回避しましょう。
それによる多少の被弾もしかたないです。
グレネードのダメージは即死級ですから・・・
このグレネードのせいで、基本は普通の銃撃戦ですが、
結構神経を使うことになります。

そのあとは、普通の銃撃戦で対応します。
体力は普通の敵兵よりはるかに多いので、
アサルトがないならかなり長期戦です。
体力が多いものの、ドローンが封じれば
動きは普通の敵兵とは大差ありません


の戦はおそらく「戦闘スキルテスト」という意図でしょう。
ですが、こういう1VS1の銃撃戦はほぼここだけも言えます
(2回戦はフル罠で殺せますw)
銃撃戦が苦手の方でも、
ここさえ乗り越えれば楽になります!
良かったですね( *´艸`)

[LEFT ALIVE]ボス戦攻略 Chapter6 ヴァンツァー5連戦 より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter6ヴァンツァー5連戦



概要:
まさか一章の中にボス戦2回とは、さすがフロム出身(-_-;)
こちらは初めて本格なヴァンツァー戦とも言えましょう
(第三章ではヴァンツァー戦を避けることは可能です)
初見なら何回も死んでるでしょう・・・
この一戦を切り抜けるには、ヴァンツァーの操作を熟知するうえで、
敵の位置も覚えないといけません


下準備:
罠の設置はできないが、下準備は必要です。
それは「情報」です。
予め敵の増援の登場場所を覚え、
登場してからすぐ倒すことが大事です。
そして、敵の種類を知って、順番を立てることも大事です。
自分の倒す順番はまさにその一例です。

また、ここで覚えるべき技があり、
ダッシュコンボであります。
まずダッシュで敵を障害物に押し、
そしてL2、R2を順番に押す。
この攻撃は極めて強力なうえ、敵の動きも封じれます。
今後も使う、重要な技です。
また、障害物まで押しきれなかった場合、
肩武器を使用し敵を牽制しましょう。

戦開始後:
今回の敵はすべてダッシュコンボで倒します。
両手ともショットガンなので、
3回のダッシュコンボを決めたら基本敵は沈みます。
位置調整もできます。

一台目の注意点は、広場に誘い出すことです。
居場所の路地は地形が複雑で、
奥に入りすぎると、次の増援の場所の到達に間に合いません
ちょっと面倒ですが、誘い出すことを強くお勧めします。

倒したら、動画の示した場所に出待ちをします。
2台目が登場したら、すぐそれを片付けます。

2台目を倒したら、一回路地に退避し、
次の3~5台目の登場を待ちます。
この間距離をとれば、敵を刺激することはなく、
集中砲火を回避できます。

落ち着いたら、まず議事堂横のヴァンツァーを片付けます。
(動画の示すとおり)
ダッシュコンボをしながら、路地に押します。
これで狙撃機からの攻撃をある程度遮断できます。

3台目を倒すころ、おそらく4代目も接近しに来ました。
こちらも路地に押しながらコンボで倒します。
動画では路地に押していないが、正直危険です
成功できるのはちょっと運がよかったです。

最後の一機は狙撃機です。近接戦いにめっちゃ弱いので
ダッシュコンボで一気に決めましょう。
倒したらボス戦終了です。


の戦をもって、第6章のボス戦も完了しました。
この一戦でヴァンツァーの操作を徹底的に覚えさせたいでしょうが、
初見の時相当つらかったです(-_-;)。
ただ、ここで操作方法を身につけないと、
今後のボス戦も乗り越えないので、
開発者の意図通りですねまさに( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

[LEFT ALIVE]ボス戦攻略 Chapter6議事堂脱出戦 より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter6議事堂脱出戦



概要:
今回は前半の乱戦後半の脱出を分けております。
前半の戦の敵兵総数は把握しきれませんでしたが、
増援が2.5回あります(0.5は配置変更による増援
後半は2+5名の敵と戦います。

罠も利用しつづ、重火器でドンバチするのが、
今回の戦いになります。

罠設置:
前半戦はまず議事堂の入り口3つとも塞ぎます。
この戦はオートタレットという自動砲台が大活躍です。
侵入ルートがはっきりの本戦にかなりつよい。
自分は入り口にワイヤートラップを張るうえで、
其々の入り口を3台を配置しました。

今思えば、オートタレットをもっと前に設置し
そして数も増やしてもいいような気がします。

後半の2名の敵兵を倒した後、
まずセーフポイントでセーフすることがおすすめです
イベント明けすぐ、近距離で敵兵5名と相対するなので、
かなり危険です。
ここも罠を設置し、一気に数を減らします。
設置位置の説明がしにくいがため、
是非動画を参照してください。

イベント戦を乗り越え、無事にセーフポイントでセーフできたら、
一段落になります。


戦開始後:
敵兵の動きは毎回違うので、予想外のこと起きやすいです。
まずそれを念頭に、冷静に対処しましょう。(乱戦は基本こんな感じ)
オートタレットと罠の存在は、敵を倒すことだけではなく、
足止めそして、侵入を躊躇わせることもできます。
その間にこちらはガトリングで個々撃破!
罠の張り直しも必要ですが、敵の攻勢が相当激しいですので、
増援の間で張りなおせればいいです(ワイヤーだけ)
オートタレットは第一波の敵を大きく削ることができますが、
寿命もそれまでなので、そのあとはワイヤーとガトリングで頑張りましょう!
工作兵の罠解除に注意を。解除に乗り出す工作兵を優先に倒します。

後半脱出ですが、問題はイベントの5名です。
自分と同じの罠の設置であれば、間違いなく開幕3名が消えます。
残り2名の動きによって倒せることもできますが、
運任せなので、予め白兵戦の覚悟で臨みましょう。
5名をたおしたら、速やかにセーフポイントへ。
増援がきますので(;'∀')


六章はこのボス戦の他に、
ヴァンツァーボス戦もあり、かなりきつい一章です。
しかもこの戦い自体も熾烈で、結構精神力を削ります(;'∀')
ただ、まだおわってないからな!!

[LEFT ALIVE]ボス戦攻略 Chapter4商業ビル廃墟戦 より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter4商業ビル廃墟戦


概要:
この一戦の敵兵総数は把握しきれませんでしたが、
増援2回があり、全3波の戦いとなります。
基本ビル3階で敵を待ち受けます。
罠を駆使し、直接戦闘大幅に減る方向で攻略します

また、自分はワイヤートラップと地雷をそれぞれ10個を用意しましたが、
これはある程度温存したつもりなので、
地雷をもし15個を作れば、おそらく直接戦闘もいらなくなるかもしれません。
惜しみなく作ることはお勧めします。

罠設置:
開戦前は各階各階段の各入り口をすべて設置します。
広い入り口にワイヤートラップ、
狭い足場であれば地雷で。
ただ、地雷は張り直しの主力でもありますので、
多めに作るか、開戦前をワイヤートラップを多めに設置するようにしましょう。


戦開始後:
敵兵の動きは毎回違うので、予想外のこと起きやすいです。
まずそれを念頭に、冷静に対処しましょう。
自分もドラム缶の爆発で敵を倒したいが、
今回はまさかそのルートはだれも通らなかったという・・・

第二波の通知が来たら、そろそろ敵も三階に迫り始めます。
ここから、常に各入り口を見回って、
罠が発動された場所を張りなおします。
設置の位置変更もいいです。

第三波は地雷の在庫によって、直接戦闘になる可能性があります。
自分はあまりたりないので、ちょっと慌ててました(;'∀')
最後はエリート兵一名が登場します。
こいつが最後ですので、彼を含めて全員倒せば、
ボス戦終了です。


の戦いは、初見にとって最初の難関でしょう。
自分は危うく心が折れたところです(-_-;)。
ただ、罠の設置と更新により、
戦が大幅にやりやすくなります。
このボス戦も罠がいかに重要であることを教えてくるイベントでしょう。

[LEFT ALIVE]ボス戦攻略 Chapter2病院脱出戦 より簡単に勝てる戦術を![レフトアライヴ]

本作のボス戦は結構定義しつらいですが、
自分は「避けられない、中断できない」戦闘を定義します。
他に困るイベント戦があれば教えてくださいね(*´ω`*)
本記事は動画と一緒に見ることをお勧めします!

Chapter2病院脱出戦

概要:
こちらは固定配置4名、突進担当6名、
計10名の構成のボス戦です。
罠と事前準備により、先に6名を取り除ぎ、
戦いをより簡単にこなせるように運びます。


罠設置:
まずは廊下の入り口をワイヤートラップを張ります
これだけで突進系の2名を倒せます

次は廊下になる遮蔽物の後ろに地雷を設置します。
これで固定配置の2名を倒すことができます。

自分は動画の中で固定配置の敵兵の1名は木箱の後ろにあると、
書いてもしたが、それは必ずではないらしいので、
すべての遮蔽物の後ろに配置することが一番です。
回収もできますので、気軽に設置しましょう。

最後はイベントの部屋の入り口にワイヤートラップ
これで開幕の近くにいる2名を倒せます。


戦開始後:
普通に廊下の出口まで進めば6名が勝手にきえますw
ただ、これ以上はガチバトルです。
廊下の入り口近くにこれば、さらに2名がプレイヤーに向かってます。
火炎瓶で動きを封じ倒しましょう。
最後の2名はカバーしつづ、冷静に射撃で倒しましょう。

また、病院入り口両サイドの固定配置は、
詳しい位置が特定しにくいがため、射撃戦で倒す方向にしましたが、
位置特定に自信があれば、地雷設置で倒すことも可能です。


敵兵をたおして、病院をでたら、
ボス戦イベントが終了になります。
ガチバトルが避けられないものの、
この方法なら難易度とリスクを大幅に下げることができます。
困ったらぜひ試してみてね('ω')ノ


[隻狼]攻略:発売するまでやっておきたいゲーム[Sekiro: Shadows Die Twice]

隻狼の発売はもうそろそろですが、
本作は体験版の配信がなく、
店頭展示の体験プレイだけですので、
少しでも早めに馴染みおきたいかたに、
先にプレイすべきゲームを紹介します

仁王
宣伝と紹介は同じ会社のソウルシリーズを比較対象しましたが・・・
実はソウルより、仁王のほうがはるかに本作のプレイ感覚に近いです。
大きいなポイントは:
・ステージ攻略制
・無用の戦闘を避ける
・敵の気力を削るシステム(体幹システム)
・装備式の技
・カウンターの仕方
特に本作の体幹は、まさに仁王の敵の気力を削り→追い打ち
という戦い方です。
カウンターと技の使用感覚も非常に近い。
一歩先本作を馴染みたいなら、仁王が一番適切でしょう。
ただ、これは「一週目」にかぎります。
二週以後は火力ゲーに代わり、ボスも瞬殺する戦い方になります(;^ω^)
瞬殺!

天誅シリーズ
フロムがまたさほど有名ではない時期の作品です。
まさに本作の前身といっても過言ではありません。
当時はまだ死にゲーというジャンルが確定していませんが、
高難易度のステルス忍者ゲームであることは、
まさに本作とそっくりです。
ですが、かなり以前の作品で、現在のはやりとかけ離れてる面もあり、
入手も困難です。


LEFT ALIVE
え・・・と思いますが、実は雰囲気と難易度なら、
現在このゲームが一番近いかも(; ・`д・´)
LEFT ALIVEはステルスのうえで、
敵に一撃を倒す手段が殆どなく
ドンバチなら圧倒的に劣勢になります。
高難易度のステルス死にゲーを体験し、
心構えを育ちたいならこのゲームが今一番適切かもしれませんw
ただ、アクション的には全く違うけどね(;´∀`)


上が、発売前に一回プレイしておきたいゲームを紹介しました。
一足技量を高めてみましょうぞ!
(ノ・ω・)ノオオオォォォ-
そして、
ブログも隻狼風にしましたでぇ!( ・´ー・`)